安い味噌でも高級味噌に変身

サッポロ一番みそラーメン

2019年10月18日 16時15分

これほどまでに長らく愛顧されているサッポロ一番みそラーメンの秘密を探ってみたいものです。 
もう生まれてこの方、何回食べたことでしょう。 
それでもまた食べたくなる、食べたらまた食べるの繰り返しです。 

それはかっての味のプロが、何百種類の試作品を廃棄しながらの傑作なのです。 
新しいインスタントラーメンは毎年のように続々と開発されています。 
その中で変わらない味なのに、変わらず売れているインスタント食品の代表作です。 

味の決め手はやはり粉末の味噌スープにあります。 
味噌は何と8種類のブレンドです。特に中心にしている味噌はありません。 
絶妙なバランス感覚で合体してこそ生まれた新しい味が、いつまでたっても通用しているのです。 
合わせ味噌に香味野菜が混ぜ込まれています。 
盛り込まれた和風の出汁が後口に程良く残ってくるところが、また新たな食欲をそそっています。 

この粉末味噌スープに相性がぴったりの麺が絡み合っています。 
固過ぎず柔らか過ぎずもちもちした食感には、いささかの抵抗感も湧きません。 
味噌の風味を味わいながら、いつの間にか喉をすり抜けてくる感じです。 

麺を食べきった後に、スープだけ残っても白いご飯を入れたくなります。 
ご飯をも美味しくしてくれる味噌スープなのです。